SEO

SEOで最も重要な"たった1つ"のこと│これを意識すれば精度高く上位表示ができるはず

投稿日:

こんばんは。専業アフィリエイターのイワエルです。

今回の話題は「SEOで最も重要な"たった1つのこと"」についてです。

僕が今日まで「ブログ飯」ができているのは、この1つのことを意識したからだと思ってます。

そして、7桁達成・7桁維持ができているのも、この1つのことがあったからです。

それくらい「重要」で、2019年はさらにこの「1つのこと」が大切になると思います。

内容的には「当たり前」と思うかもしれませんが、中盤以降ではできる限り深掘りしていきたいと思っていますので、

  • SEOでアクセスを集めたい
  • 効率的に上位表示したい
  • 無駄な記事を書きたくない

という方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

そもそも論として・・・

まず、そもそも論としてSEOの手法は人それぞれです。

そこでまずは僕・イワエルがどんなSEO手法を使っているのかについて簡単に触れておきます。

全部やるがモットーです

僕はブラックもホワイトもミニサイトもビッグサイトもやります。

中古ドメインも新規ドメインも日本語ドメインも使います。

ツール的には、エイチレフスも使用しますし、時にはヤフースポンサードサーチ・Google広告も出稿することがあります。

ここで書いたことは、特にSEO初心者の方からすると「?マーク」でいっぱいになると思いますが(汗)、とにもかくにも「全部やる」をモットーにこれまでやってきました。

そして色々やってきたからこそ「分かること」もいっぱいありました。

一応スーパーアフィリエイターの記事です

ここで言いたかったのは、この記事は、世間的に言えば「スーパーアフィリエイター」が書いているということです。

こんなことをアピールしなきゃいけないのは、自分がほとんどこのブログに記事を入れていないからで、何の権威性もないため自業自得なのですが(汗)、一応そういう人が書いているので、月6桁以下の方は真剣に読んでいただければな~というアピールです。

それくらい力を入れて記事を書きますので、ぜひぜひ参考にしてください。

この記事を読むとこうなります

ちなみにこの記事が目指すのは「少ない記事でもアクセスを集めること」です。

下記のグラフは、僕が2018年8月から運営し、2018年10月までに26記事を入れ、そのままほったらかしにしている「恋活アプリ系」のサイトです。

※こちらのサイトは完全ホワイトサイト・新規ドメインです。

恋活ジャンルは比較的競合も多いですが、たったの26記事・10月からほったらかしで、デイリー300ほどのアクセスを集められているのは、今回紹介する「たった1つのこと」があったからに他なりません。

SEOで大切な”たった1つ”のこと

ということで本題です。

SEOで大切な”たった1つのこと”は、ズバリ、

  • ユーザーにきちんと答えを返すこと

です。

「なんだ、当たり前のことジャマイカ」と思ったかもしれませんが、とても重要なことですので、この後のパートもぜひ読み進めてみて下さい。

ユーザーに答えを返すとはどういうことか?

まず、「ユーザーに答えを返す」とはどういうことかについてお話しします。

例えば「味噌汁 カロリー」という言葉があったとします(キーワードは適当な思い付きです)。

このキーワードには「味噌汁のカロリーが知りたい」という欲求があるのは当然なのですが、これを調べる人の「潜在的な欲求」ってきっとあると思うんです。

例えば「カロリー」がキーワードに入っているので、食事制限中だったりダイエット中だったりという人が検索してそうですね。

では、「味噌汁 カロリー」について調べている人に対して、

  • 「食事制限」「食事によるダイエット」などに関する客観的な論文情報
  • 納豆・ごはん・みそ汁の一般的な朝食のカロリー情報
  • みそ汁の栄養素とその栄養素のダイエット効果

を提示してあげたらどうでしょうか?

きっと興味があるので読んでくれると思いますし、ユーザーの満足度も上がると思います。

裏の裏の裏の裏まで考えてあげるのが執筆者の役目

「裏の裏の裏の裏って・・・表じゃんか!」というツッコミはなしにしますが(笑)、極端に言えば、それくらい「ユーザーの潜在意識」を読み取ってあげた方が、いい記事が書けるし、SEO的にも評価が上がるよと言う話です。

これを考えるのは正直”しんどい”です。

なぜなら答えはないわけだし、そこまで考えたって上位表示するかも分かりません。

「無駄な努力」と思えることだってあるでしょう。

しかし、それを「考える」ことが安定したSEOにつながりますし、ライバルとの差別化にもつながります。

  • このクエリ(検索キーワードのこと)の顕在ニーズと潜在ニーズは何だろう?

これを考えることはとても重要ですので、SEOで上位表示したい方が意識すると、きっと良いことがあると思います。

答えを返してもSEO効果が表れない時

さて、クエリの顕在ニーズ・潜在ニーズに応えながら記事の執筆を続けると、数か月経つ頃には自然とアクセスが集まっていくと思います。

それこそはじめに紹介したグラフのように、アクセスがグンと伸びる時が来るはずです。

しかし、現実は違って、なかなかアクセスが集まらないこともあるんですね。

そこで、以下のテクニックも併せて知っておくと良いでしょう。

上位サイトを研究する

これはもう「SEOアフィリエイターにとっては当たり前」のことですが、記事を書く前に「上位サイト」を研究するのは必須です。

なぜなら、そのクエリの1位は今のGoogleの最適解だからです。

Googleはユーザーの滞在時間や直帰率など様々なデータをもとに上位表示サイトを決めていますが、そうした「ビッグデータの答え」が1位~3位なんですよ?

それを参考にしないのは、「目の前に美女のパンチラがあるのに気づいてない」のと同じくらいもったいないです(たとえがアホですみません)。

さて、僕は記事を書く前に、

  1. 1位~3位の共通点を探す
  2. 1位~20位までの記事タイトルを見る(気になるものはチェックする)
  3. 本当にその1位のページで大丈夫なのかを考える

ということをします。

これだけでも「答えを返す」の”答え”の精度が上がると思います。

本当にその1位のページで大丈夫?

次に「本当にその1位のページで大丈夫?」についてですが、まだまだネット上の記事はどの記事も完璧には程遠いです。

新しいクエリも生まれるわけですから、はっきり言って「クエリの数」に対して「良質な記事の数」が追い付いていないのが現状だと思います。

つまり「1位だってまだまだ」なんです。

1位~3位の記事を読んでみて、本当にその記事で大丈夫か考えてみて下さい。

  • こんな書き出しの方が良さそうだな
  • このコンテンツが足りないな
  • こういう構成の方がいいんじゃないか?

・・・そうして色々考えることが、記事のオリジナル性につながり、ひいては上位表示の精度が上がると思います。

記事は必ず修正する

渾身の記事を書いた時、「めっちゃいい記事が書けた!この記事は最高だぜ!!」なんて思ったりもするのです。

しかし、少し時間が経ってから読んでみると、修正箇所だらけだったりします。

ですので、最低限、

  • アナリティクスなどでアクセスのない記事

はチェックして、その記事を優先的に修正すると、全体的なブログパワーが上がるはずです。

なお、アクセスを増やしたい場合は、サーチコンソール11位~20位の記事を修正すると良いです。

そのジャンル、極めてる?

さて、ここまで「ユーザーに答えを返す」の意味について紹介してきましたが、最終的には「ジャンルを極めること」が最も重要です。

  • ダイエット案件なら、実際にダイエットして、どこまでやったらどれくらい体重が減るのかを知る
  • 恋活アプリ案件なら、実際に恋活して、会って、良い想いをしてみる
    ※ちなみに僕が恋活アプリサイトの更新をやめたのは、僕は結婚してますので恋活できないからです(笑)
  • 筋トレ案件なら、実際に筋トレして、サプリを飲んで、ゴリゴリマッチョになってみる

こういうことをやらないと「ユーザーの本当の悩み」が分からなかったりします。

注意ポイント

特に危険なのが「浅い理解」や「分かった気でいること」です。
こうなると、アクセスが集まっても「決まらないブログ」になってしまいますので、ジャンルの理解に完璧はないことを理解しましょう。

「そのクエリの人たちの気持ち、理解できてないかも」

そう感じたら、実際にその人たちと同じ行動を取って頑張って理解してみるか、いっそのこと悩みの分かる他の案件に移行したほうが結果が良くなることもあります。

さいごに

さいごになりましたが、究極的には、

  • 自分が今ベストだと思う記事を書き"続ける"こと

が大事です。

SEOは極論「根性論」的な部分がありまして、毎日コツコツ、現状に満足せず、良い記事を書き続けられる人ほど強いので、特に2019年は諦めずに歯を食いしばって、日々記事を書いていきましょう。

P.S.質問があればお気軽にコメント欄にどうぞ。

P.P.S.記事が良かったらSNS等でシェアをしていただくと、今後の更新の励みになります。

-SEO

Copyright© イワエルスタイル , 2019 All Rights Reserved.