パソコン・アクセサリー

アフィリエイターが3画面のマルチディスプレイにして良かったこと

投稿日:

こんにちは!
2018年8月のコアアップデートがあり、実は、ブログを書いている余裕がないイワエルです。

さて、そんな忙しく大変な時期なのですが、「忙しいからこそ作業の効率化!」ということで、これまでやってこなかった「マルチディスプレイ」に挑戦してみました。

現在の画面状態がこちら(↓)

なぜ2画面じゃなくて3画面にしたの?

これはですね、「マルチにするなら同じサイズ・メーカー・型番の方が良いだろう」とモニターを2枚購入したんですよ。

でも、グラボが3画面に対応していて、「使っていたモニターを捨てるのも、もったいないな」と思ったので、3画面にしちゃいました(笑)

ということで、3画面マルチディスプレイにして今日で1日目(笑)
1日目ですが、さっそく効果も感じていますので、アフィリエイターがマルチディスプレイにするとどうなるか?を紹介していきます。

マルチディスプレイにすると作業が1.3倍になるぞ!

結果的には僕の作業が1.3倍になりました。

これは、「(たとえば)今まで3時間かかっていた記事作成が2時間半くらいで書けるようになる」という意味です。

自分で記事を書いているアフィリエイターは記事作成やWEBデザインが仕事ですが、なぜここまで1本の執筆速度が速くなったのか、

  • 僕もマルチディスプレイにしたくなったぜ、ウェーイ!

と思ってもらえるように、4つの理由を書いていきます(笑)

4つの理由

  1. 調べる・書く・デザインするが同時にできる
  2. 集中できるようになる
  3. アイデアが浮かぶようになる
  4. カッコいい!

調べる・書く・デザインするが同時にできる

まずこれです。
3画面にしたことで「調べる」「書く」「デザインする」が一度にできるようになりました。

記事を書いていて調べたくなる時。
こんな時も、画面を変更せず、「すぐ」に調べられるようになりました。

ワードプレスなどの書く画面。
これも常に前面に固定できるので、考えがまとまったら「すぐ」に書いたり「すぐ」に修正できるようになりました。

そして、装飾する時。
プレビューを見ながら画面を入れ替えることなく「すぐ」に装飾できます。

こうした「すぐ」の連続によって、結果的に「書くはやさ」も「完成度」も上がりました。

集中できるようになる

次に集中力のアップです。

僕はデスク周りには「アマゾンエコースポット」以外基本的に何もないのですが、3画面にしたことで、視界がすべてディスプレイになり(笑)、集中力が高まりました。

ただし3画面にすると、片方でYoutube再生しながら~とかできちゃうので、そこは注意が必要です。

アイデアが浮かぶようになる

マルチ画面にするとアイデアもよく浮かびます。
これはたぶん、「画面の切り替え」という無駄な思考をしなくて良いからです。

例えば・・・

  • 記事に使うたとえ
  • 記事全体の流れの発想
  • 適した言葉の選択
  • キーワードを意識した記事作成

無駄な思考がなくなるからこそ、1記事の質も高くなると思います。

カッコいい!

最後にこれです。
単純に仕事ができるっぽくてカッコいいです(笑)

3画面マルチディスプレイにかかったお金

正直他のブログの記事を書かなきゃいけないので、雑念が入り、「マルチディスプレイにしたいぜ、ウェ~イ!」とはならなかったかもしれませんが、ここで気になるのが「で、いくらかかったの?」だと思います。

実はかかったお金は24,000円です。

内訳

  • モニター1枚11,000円
  • DP⇒HDMIケーブル2,000円

2万円ちょっとでこの環境になると考えると非常に安いと思います。

ただ、パソコンによっては「2画面まで」にしか対応していないパソコンもありますし、たぶんですが処理能力もある程度必要です。

そして、もし古いパソコンを使っていて、

  • 立ち上げに5分以上かかる
  • ワードプレスの動きが重い
  • メモリが4GB以下

のどれかに当てはまる場合は、まずは「パソコン」から買い替えることをオススメします。

特に僕は今「M.2 SSD(エムドットツー)」を使っていますが、約10秒ほどでパソコンがしっかり立ち上がりますので、気になる方はぜひ導入してみてください。

-パソコン・アクセサリー

Copyright© イワエルスタイル , 2018 All Rights Reserved.